読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

す・ままごと

大好きな某アラフォーアイドルの観察日記とか 妄想日記とか それからたまには仕事とか 私事とか 徒然に。。。

ずっとずっと、SMAP

好きにやって後始末しない、その”しない”加減が好き

f:id:smaxsma818:20160927011548j:plain

「スマスマ」はいちアイドルのいろんな顔が見られる番組。料理を作ったり、ふざけたコントをやりながらも、かっこいい歌があって。王道といえば王道です。
「スマスマを見てゲストの方 を好きになった」と、とよく言ってもらえるけど、僕はいつも「どんな方なんだろう、知りたいな」って思っていて、それがテレビにも映るから、視聴者の方も同じようにゲストのことを知りたいと思ってくれるんじゃないかな。
この番組はこんなに長くやってるのに、メンバーも参加する大々的な忘年会や新年会をやったことがないんです。それでも現場の関係性がちゃんとできていて、いい意味でのピリっとした感じを常に維持してる。そこが面白いところだと思いますね。
メンバーとはもう20年もやっていると、ちょっと楽してたり、それで済ませようとしゃべってるなっていうのも、お互い分かっちゃうんですよ。中居くんの「それで終わらせようとすんなよ」って空気とかもね(笑)。基本、僕はズルい立場にいて、好き勝手やって、引っかき回して、後始末しない(笑)。それでも5人だとなんやかんやどうにかなるから、そこも楽しんでる。それがスマスマですね。




楽しんでやってたら、結果的に20年続いてた

f:id:smaxsma818:20160927011658j:plain

「スマスマ」のスタッフは皆SMAPすごく愛してくれてて、底知れぬ情熱をもって番組造りに取り組んでくれてる。SMAPとスタッフの絆があってこその番組だなって思うね。話し合いはよくしているし、自分が言ったひと言が番組のコーナーに反映されたこともあるよ。例えば
いつかギターが弾きたいから機会があれば」っていう話を前からしていたのが、舞祭組とのコラボで実現したり。東出くんとのロケの時も「何か面白いことない?」って言われて、「じゃあ車持ってくから乗ったらどうかな?」って(笑)。一から企画を考える事はあまりないけど、こうしてアイディアを出す事は度々あるし、これからもやっていきたい。
それにしても20年ってすごいよね。でも、長く続けることを目的にするんじゃなくて、楽しんでやってたら結果的に長くなってるって感じ。僕らも働き盛りなわけだし(笑)、まだまだ頑張るよ。
いろんな経験もしてきてがむしゃらにやれるときだから、番組的にもさらに面白くなってくると思うしね。見てる皆さんを必ず楽しませたいという気持ちでやってるので、皆さんもぜひオンタイムで見てね!





ここぞという時に発する5人の力はすごい

f:id:smaxsma818:20160927011742j:plain

「スマスマ」の最大の魅力は上品さじゃないかなと僕は思ってる。キャパシティーも広いし何でもやるけど、スタッフが品よくまとめてくれてる。
5人の絆を感じるのは、ドラマの撮影なんかでちょっと時間が空いて、久々に収録で顔を合わせた時かな。でも実は、SMAPに戻らなくちゃいけない時ってちょっと燃料を使うんだよね。1回ガソリンが入っちゃえば簡単なんだけど。でも別にそれが悪いことだとは思わない。メンバー同士でいつまでも緊張感があるというのはすごくいいことだし、5人で何かをしようとする時の集中力やあうんの呼吸はハンパないからね。ここぞという時の結束力や一体感は誰にも負けないから、これからもこの調子で心を1つにして頑張るよ!
バラエティは時代によっても変わっていくから、いろんなものを受け入れてやっていきたい。テレビはみんな同じ気持ちで見ているわけじゃないし、SMAPファンの方ばかりじゃない。その両方の皆さんに見てもらえるように作っていけたらいいね。
スマスマはもう5人の生きるドキュメンタリーでもあるからね。自分自身になれ合うことなく続けたいと思うよ。





20年も続けてこられたのはみんなのおかげ

f:id:smaxsma818:20160927011825j:plain

音楽界からレニー・グラヴィッツとかシェリル・クロウ、スポーツ界からはクリスティアーノ・ロナウドネイマール…海外からもすごい方々が「スマスマ」には来てくださってるよね。
僕は「うわーっ、マジかよ!?」ってなるけど、メンバーによってはぽかんとしたテンションだったりもする(笑)。マイケル・ジャクソンロバート・デ・ニーロトム・ハンクスデンゼル・ワシントンがいらっしゃった時にも、みんなで盛り上がったなぁ。その感じが日本の平均的なリアクションなのかもしれないと思ったりします。
20年も続けてこられたのは見てくださる人たちとスタッフがいてくれたからこそ。
ライブ収録の日はその日スタジオに入ると、フリを覚えてパフォーマンスまでっている尋常じゃない作業をしてるけど、そこでファインプレーをしてくれるのが、立ち位置を確認してくれるスタッフチーム。彼らの努力がなかったら、俺ら、短時間のうちにフリを覚えるなんてできないと思う。メンバーひとりずつ担当が決まってて、それぞれ絶妙なコンビネーションになってる。そういうスタッフひとりひとりにも心から感謝しています。





ファン以外の方が見ていても面白いと思える番組を

f:id:smaxsma818:20160927011857j:plain

「スマスマ」では”ビストロ”はやっぱり好きですね。料理をするっていることで、いつもと違うSMAPが見れるだろうし、タレントがあれだけ真剣に料理をやってる番組ってあまりないから、続けるって大事だなって。
ビストロではカンペも出ないからすごく自由度があるんだよね。もちろん事前の打ち合わせは全部やるけれど、スマスマのスタッフもよく分ってくれていて。彼らとは長いし、優秀な方たちだし。メンバーとも、それこそ20年なんで、だいたい分るしね。最近はオンエアをあまり見られていないけど、確認することがないくらい安心してやってます。
テレビってSMAPのファンの方だけが見ているわけじゃないから、お母さんなのかお父さんなのか、一緒に見ている子どもなのか、その皆に面白いと思ってもらえるものを意識しなきゃいけない。
この間は運動会をやったけど、SMAPだけが輝いているんじゃなく、ほかのタレントさんも面白いなと思える企画だったと思うんです。
ゲストも含めてスマスマにはそういうベースがあるから、5人旅とか、27時間テレビのライブとか、たまに5人だけでやるのが生きてくるのかな。

2015.6月号
月刊TVガイドより

スマスマへの思い。未来への思い。ねー、これ一年前。
スマスマは5人の生きるドキュメンタリーって…吾郎さん(ノ_・,)





さて、今夜も楽しい神セン塩センでしたねー(*≧∀≦*)
人それぞれ色んな意見の人がいるから世の中成り立ってるんだよね。
分かってるんどけどねー。

しかしねー、こういうトークまわすの、本当にうまいよねー。

そしてやっぱりヒロミさんは優しいお兄ちゃん ♪
いや、ニカちゃんにとってなパパか(笑)