読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

す・ままごと

大好きな某アラフォーアイドルの観察日記とか 妄想日記とか それからたまには仕事とか 私事とか 徒然に。。。

武器は妄想?その壱

今更ですが。。。
今年の27時間テレビ
妄想&萌ポイントがいっぱいで

いまだに編集できてないって言う

数限りない妄想&萌シーンの中から
妄想が暴想に変貌してしまったポイントを3つ
つらつら書き連ねてみようと思いまふ

あっ これ
どーしてもお話しとして残したくて
プロット作ったのはいいけど
なかなか文章に起こすことが出来ず
ええいっ ここで書いちゃえ!
って 思ったわけじゃないですよ
その内 いつかきっと 多分。。。
ちゃんとお話しとして残したいと思ってます

ちなみに
うちの妄想&萌ポイントは 中居さん中心ですので
あしからず!



俺たちに明日はある

ドラマとしては あれれ? な内容だったのですが
ドキュメンタリータッチのドラマとしては──あくまでも゛タッチ゛ね
普段見れない 素っぽい──はい あくまども ゛っぽい゛です
メンバーが見れて 楽しかったかな

そして なんといっても
エレベーターの中のお兄ちゃんズ!

あのなんとも気まずそうな感じとか
さっさと下りていく中居さんと
その背中を見つめる木村さんの感じとか

これが”普段”なのか”演技”なのか分からんけど

なんかね
この場面を見返すたびに
バカみたいにドキドキしてる自分が恥ずかしい;

更には
それぞれ別々の車に乗り込んだものの
動き出そうとしない 2台の車 そしてカメラは切り替わり……
木村さんの運転する車の助手席に乗り込む中居さんがぁぁ!!

澤田鎌作監督ーーぅ!! 
【木村さんが中居さんをお持ち帰りする】シーン(違っ;)
追加して下さってホントにホントにありがとうございました!

ドラマの展開としては
ふたりを乗せた車は 弟くんたち3人の待つお店へと向った
わけですが
ここで むくむくと妄想が膨らみます

車の中で ふたりっきり
どんな表情で
どんな声のトーンで 
どんなテンションで
どんな事を話したんだろう???

さすがに鎌作監督もそこまでは映像化して下さっておらず

いや もしかして これは
世のお兄ちゃんズが大好きな
妄想族に妄想する余地を
残してくれたのかもしれませんね!

というわけで
思いっきり 妄想だけで書いたのが
俺たちに明日はある】というお話です

27時間翌週の13時間テレビ(?)で頑張ってる中居さん見ながら
思いつくまま書きなぐってたので
構成も文章もボロボロ
はい いつかちゃんと書き直したいと思いまふ;